2022/06/09 15:11




初物ついに出揃う

新玉、新人参、新じゃが、そして新ニンニクと根菜の初物が出揃った。
 新〇〇と呼ばれる根菜類は、その春の最初に収穫されたものや、収穫後に乾燥や貯蔵をされずに出荷されたものをよぶ。
 一般的に、やわらかく瑞々しく甘みがあるのが特徴だ。その代わり、保存期間が短い。どれも産地をずらして栽培されているため、通年を通してどこでも手に入れることができるが春の根菜の味はこのシーズンしか味わうことができない貴重なものである。

玉ねぎの高騰収まらず

現在玉ねぎの価格が高騰している。一般的なスーパーで販売している慣行栽培の玉ねぎが有機栽培と同じ(もしくはもっと)値段まで上がっている。この口頭は夏に北海道の新玉ねぎが出るまで続くと言われている。イエローページは市場で仕入れず、農家さんから直送。そのため市場価格に左右されないので、安心して新玉を楽しんで欲しい。

・新玉ねぎ&赤玉ねぎ
(栽培期間中農薬不使用/苅部農園/世田谷)
・新じゃがいも&新人参
(有機栽培・神奈川県産
栽培期間中農薬化学肥料不使用/有機農園けのひ)




衝撃の紅色

食べる点滴ビーツ

 夏のビーツがついに入荷した。ビーツは通年入荷しているが、旬な時期は夏と冬の年二回ある。ロシアのボルシチで有名だが、まだ日本では知名度は低い。実はとても栄養価が高く「食べる点滴」とも呼ばれる。身は濃いピンク色。包丁を入れれば、洋服はもちろんまな板までも紅に染めてしま宇野で料理中は要注意だ。
 ローストやスープのほか、茹でてマヨネーズやクリームチーズなどもったりしたものと和えるのも美味である。茹でる際は、皮を剥かずにそのままで大丈夫だ。また葉も栄養価が高いため、きんぴらなどにするのがオススメだ。うちのビーツは土臭くないため初心者にもオススメだ。そして今回ビーツを仕入れた本間さんは私が最初に畑を見せてもらった農家さんだ。産休があけ復活され久々に仕入れることができとても嬉しい。

・ビーツ(山梨県産 有機栽培)
 伊藤農園or本間ファーム






野菜の種類、過去最大

春と夏のいいとこ取り


 店頭に並ぶ野菜の種類が過去最大になった。春の葉物野菜やカブに加え、新人参や新じゃがなどの根菜、そしてズッキーニやナスなどの夏野菜も徐々に始まったたためだ。春の始まりの4月や気温が上がる夏の方が数が多そうに思えるが、春は端境期、夏は気温が高すぎて葉物野菜が作れないため、路地モノの野菜が一番出揃うのは今の時期なのである。

・ズッキーニ&カブ&大根&葉物野菜
(有機栽培/山梨県 伊藤農園or 神奈川県 有機農園けのひ)
・カリフラワー(山梨県 有機栽培
本間ファーム)